ゴールデンウィーク(GW)とは

「ゴールデンウィーク」という言葉は、日本で作られた和製英語である。1948年の国民の祝日に関する法律(祝日法)の施行以降、連休となるこの一週間の映画館の入場者数が増加したことから、「最高にすばらしい週間」という意味で、1951年、大映専務であった松山英夫が命名し、映画館経営者の間で使われ始めたのが、一般に普及したものである。またゴールデンの語源の由来は諸説あり、ラジオのゴールデンタイムに倣ったものや、「金の国ジパング」を紹介したマルコポーロがこの時期訪れたため、などと諸説ある。

年によって違うが、一般的に、4月29日から5月5日までの期間になることが多い。(直前・直後に土曜日・日曜日がある場合、期間がやや長くなる)この期間、4月29日(2006年まではみどりの日、2007年からは昭和の日)・5月3日(憲法記念日)・5月4日(2007年からはみどりの日、2006年までは日曜日・月曜日以外なら国民の休日)・5月5日(こどもの日)が国民の祝日であり、また、5月1日がメーデーのため休日になる会社(人)も少なくないことから、間の平日を休みにすることで連休にしやすいからである。また、以前は休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛石連休」という言い方がされたが、1985年(昭和60年)の祝日法の改正で5月4日が休日になってからは、この言い回しは少なくなった。

なお、2005年に行われた祝日法の改正により、振替休日の規定が変更されたため、憲法記念日やみどりの日が日曜日と重なった場合、5月6日が振替休日扱いになり、その分ゴールデンウィークが延びることとなった。5月4日が日曜日となる2008年にこの規定の最初の適用となる。(振替休日が月曜日以外になるのも初。2008年5月6日は火曜日、2009年5月6日は水曜日)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。